とにかく面倒だ!

日々の暮らし
スポンサーリンク

何もかも面倒だと思うことってありませんか?
些細なことですがワタシは家でダラダラ過している時、トイレに行くことやお風呂に入ることが非常にめんどくさいと思えるのです。日常の中のささやかなことがめんどくさくって邪魔くさいのです。



よく考えてみればトイレなんてほんの一瞬で終わるのに、めんどくさくってギリギリまで動こうとしない。
テレビなんて観てる時には、さぁ大変!
誰か側に居ようものなら
「100円でワタシの代わりにトイレ行ってきて〜」
なんて言いながらウダウダしてなかなか席を立とうとしない。
で、そんなことを言ってる間にCMが終わり、また番組の続きが始まる。
次こそCMの間にトイレに行こう!
そう思うのだが結局のところ何回かCMを見送りいよいよ限界がやってきた…
そう思い始めて、ようやく重い腰を上げ席を立つ。
何だかんだウダウダして先伸ばしにしても限界はやってくるのです。
最終的にはには自力で行かなきゃなどうにもならんのは重々承知している。
でも何故なのか、とにかくトイレに行くのが面倒なのです。

そしてそれと同じ感覚なのがお風呂。
お風呂好きな人には「え〜信じられないわ!」なんて言われそうだが、とにかく邪魔くさいしめんどくさい。
さぁ、お風呂に入るぞー!っていう意気込みが必要なのです。
特に寒い季節は、とにかく服を脱ぐまでが邪魔くさい。
メイクを落として髪の毛を洗い…なんて着実に工程を済ませていくと少し邪魔くささも半減する。
でも、やっぱり面倒なことには変わりない。
髪の毛を洗い終え身体を洗い始めた頃、ようやく折り返し地点が見えてくる。
すると脳内でが「負けないで」が流れはじめる。
そう、ゴールは近づいてるわ!脳内で流れるZARDの歌声に励まされながら無事、お風呂のゴールを迎える。
そして洗面所に出て身体を拭くころには谷村新司と加山雄三が登場する。
盛大なフィナーレを迎えるが如く、今度は脳内で「サライ」が大音量で響き渡る。
もちろん洗面所の外に出るまでの間、サビの部分はエンドレスで流れている!
しかし脳裏に浮かび上がる谷村新司、これがなぜだか谷村新司のものまねをする清水アキラの方ときてる…
何度、瞼を閉じて脳内をリセットしてもやっぱり清水アキラの方の谷村新司が浮かんでくる。
真剣に唄う加山雄三とやりたい放題の鼻にセロハンテープをつけた清水アキラが「サライ」を熱唱しているのです。



きっと、ものぐさ・・・・って言葉は、ワタシのためにあるようなものです。
こんなしょーもないことをアレやコレやと書いている間にトイレもお風呂もサッサと済ませてしまえば楽なのに何なんでしょうね…
でもまぁ、こんなしょーもないことを思いながら頭のネジを緩める時間も必要なのかもしれませんね。
だって、毎日気を張りながら生きてるんだもの!
あっ、念のため言っておきますが邪魔臭いだの面倒だの言ってはいますがお風呂には毎日、入ってますからね!!

コメント