猫飼いの猫アレルギー

日々の暮らし
スポンサーリンク

我が家には猫が居る。
それはそれは可愛くてワタシの荒んだ心を一瞬でほぐし癒してくれるオアシス的存在。

そんな可愛い猫のお腹をモフモフと撫でてみたり、ヘソ天で寝てるお腹に顔を埋めてみる。
猫の甘い匂いを思いっきり吸い込みながら「癒されるう〜♡」なんて言いながらうっとりする。
これぞアラフォー女の至福の時間。
一日の疲れを優しさで満ち溢れている猫さまのフワフワなお腹で包み混んでもらうのです…

でも、ひとたび顔を上げ現実の世界に戻ると顔中毛まみれになり痒いったらありゃしない。
そうこうしてるうちに鼻水がツツーと流れ落ちる。
そこからは悲惨なもので、鼻の皮がズル剥けになるほど鼻水が次から次へ流れ落ちて来るのです。

そうなのです。
困ったことにワタシは猫アレルギー持ちなのです。
最初は偶然かな?なんて思ってたのですが触れ合ったあと明らかに鼻が痒い…
そして目まで痒くなってくる。

こんな状況だから季節の変わり目、換毛期の時期なんてそりゃもう酷くなる一方です。
猫毛が部屋の中をフワフワと舞うので、お掃除ロボットのルンバを走らせて猫の毛を掃除しまくる。
我が家で一番の働き者(!?)なルンバさん、それはそれは猫毛を綺麗に掃除してくれます。
ベッドの下なんてしつこい位に何往復も掃除してくれるので本当にありがたい限りです。
お掃除のプロ、ルンバさんはさすがです!!


それはそうと猫を迎えてすぐの頃に我が家ではルンバを導入しました。
YouTubeなどで見かけるルンバ猫(ルンバを颯爽と乗りこなす猫)になってくれることを期待していたワタシ。
しかしワタシの目論見は見事にハズレ全くルンバ猫になる気配がない…。
そればかりか部屋の中を忙しく走り回るルンバを尻目に部屋の中央に陣取り、くつろぐ我が家の猫さま。
「さてと、昼寝でもしましょうかね…」ってな具合でよっこいしょと平気な顔でルンバの側で転がるではないですか!
「そんなところで寝ると危なわよアナタ…轢かれるわよ!!逃げてーーーー!!!」
ルンバ接近に恐怖を感じ叫ぶワタシの親心なんてお構いなし。
そっと目を瞑って気持ち良さげな顔をして今にも眠りにつきそうな猫さま。
そして数分後には、予想通り轢かれている。

そして轢かれた猫より猫を轢いてしまったルンバの方が、申し訳なさそうに戸惑って見えるのが何ともおかしいものです。
自分が逃げ遅れたくせに、安眠を妨げられて不満げな顔をしてる猫さまの姿は、当たり屋そのものです…汗

兎にも角にも、ルンバ猫にはなってくれませんでしたが働き者のルンバが側で愚痴ひとつ言わず、せっせとお掃除してくれるので助かっております。
ルンバが居てくれなかったら、ワタシの鼻はもっと大惨事なことになってたと思うと恐ろしい限りです。

それにしても、こんなに好きで好きで仕方がないのに猫アレルギーのせいで、猫特有の甘い香りを思う存分吸い込めないワタシ。
想いは上手く伝わらないものですね…



コメント