惨めさと情けなさと

仕事
スポンサーリンク

何とか働いてますとお伝えしましたが、これがまぁ辛いったらありゃしない…
理想と現実は違うもんです。
本日は一週間分の疲れを身に纏いながら、どんよりとした内容でお送りしたいと思います。
人の不幸は蜜の味ってことで読んでいただければこれ幸いです。

前職同じような仕事に就いたのワタシ。
経験も活かせるだろうし、何とかなるでしょ!
なんて思ってたのに、これがまぁビックリするほど向いてないのです。
いやはや、何ともなってない…汗

何だかんだ言って転職活動の大変さと転職後の大変さを今回はヒシヒシと思いました。
まずは会社のルールってものにヤラれております。
その会社独特のクセが結構強い感じで、ちょっとしたカルチャーショックに襲われて戸惑うことばかりです。
そして先ほども言いましたが以前の会社でやってきたことが今回ばかりは全く役に立ってない。
キッチリしてると言えばキッチリしてるのでしょうが正直なところ、そんなまどろっこしいことをやるの?って思えることも多かったり…
これが器用な人だったら「そんなもんなのね、この会社は…」なんて言いながらも、そつなく合わせることが出来るのでしょう。しかし、ワタシは不器用なのでなかなか上手く順応することができないのです!
そもそも、今となってはこの職種を選ぶべきではなかった気すらしてきます。

話は戻りますが、会社の独特なルールって例えるなら「方言」に似ている気がするのです。
同じ日本なのに住む場所が違うだけでサッパリ言葉が分からない。
日本語で会話しているので本来は分かり合えるはずなのに、方言のせいで何を言われてるんだか全く分からないことってありませんか?

日本の中で引っ越して日本語が通じるから、まぁ何とかなるでしょ!
全く言葉が分からない海外に移住するより安心で安全じゃん!!
的な感じで前職と同じ様な仕事に就いてはみたが

甘かった…

「前職と同じような仕事だから何とかなるっしょ!」
そんな軽い気持ちで新しい職場へ行ってはみたものの、いざフタを開ければアラびっくり!!

しまったわぁ、ヘタこいた…

なんか思ってた感じと違うな?アレレちょっと分からないかも??
コレがまぁ、油断していたところにジャブをくらうもんだからジワジワと効いてくるのです。
そして後からやってくる衝撃とダメージがデカイこと、デカイこと!
そう感じだすと、途端にアウェー感が漂ってくる。
そう、ここは同じ日本で言葉も余裕で通じるはずなのに全く意味不明じゃん!
アレ?アレ?
それならもしかして言葉が分からなくても、全く新しい環境のもと生活する方が幸せだったかも!?
どうせボロボロになるのなら、今までと違うことにチャレンジしてみる勇気を選んてみても良かったかもなんて…



どこの会社へ転職してもきっとそうだと思うけど仕事の進め方についても慣れるまで大変ですよね。
教えてくれる人は自分が分かっているので、これくらいのことは簡単だから分かるだろう的な感じで説明してくれるのですが、ワタシからしたらそもそもの意味が分からない…
あれやこれや独自のルールを説明されても作業の流れが分かってないワタシにしてみれば余計にこんがらがってややこしくなり意味が分からなくなるのですよね。
そして、そもそも独自にルール化されているものってのは、大概がややこしいものであると思えるのはワタシだけでしょうか?
そして分からないながらも側から見て「それっているの?」ってことがあったりする。何度も同じ作業を繰り返していたり、ハンコもやたら押さなきゃならない。このご時世、脱ハンコ化なんて言われているのにねぇ…
もちろん重要な部分は簡素化することはダメだけれど、無駄作業を省くことによって別の仕事ができるのではなんて思ったりもするのです。
それとも今まで重要なこと以外は極力簡素化できるようにと仕事をしてきたのがワタシがダメだったのかな…

そんな偉そうなことを言ってはみても今の会社では無能なワタシが言える立場ではないのは百も承知している。
「ワタシ、ヤバいくらいに仕事ができない人になってるよな…職務経歴書で書いたことが嘘っぽいじゃん」
今まで出来てたであろうことが上手く出来ないことに焦る。
そして焦るから余計に上手く行かない悪循環。

「あの人、前職でも同じ様なことをしてたらしい・・・けど全く使えないよね!前職でも本当は全く使えない人だったんじゃないの?40過ぎてコレは無いよね〜。全く使えないおばさんだよね。」
なんて会社の人たちからはそんな風に思われてるんだろうな。
こんな卑屈な気持ちでいるもんだから会社の空気や雰囲気にもなかなか馴染めないんですよね…
そんな現実に直面してばかりだから、情けなさと惨めな気持ちでいっぱいになる。
そして脳内では、花*花の「さよなら大好きな人」のサビの一部分がエンドレスで鳴り響くのです。
こんな自分が惨めで弱くてかわいそうで大嫌い…なんて、本当まさにその通りです。
この歳になって、こんな気分を味わうなんて思ってみもなかったなぁ…
アラフォーで独身、仕事に関しての自信を失いつつある今のワタシって何もないんじゃないの!?
歳とともに環境への適応力と人間性の柔軟さが失われてきてる様な気もする。
まったく何だかなぁ…

花*花 hana*hana 「さよなら大好きな人」


コメント