アラフォー独身ですが…何か?

日々の暮らし
スポンサーリンク

40歳も過ぎて独身となると何となく生きづらさと息苦しさを感じるそんな世の中。

30歳を過ぎた辺りから会う人、会う人に「なんで結婚しないの?」なんて聞かれまくる。(全くもって大きなお世話だ!)

結婚について、いろんな人から「why?なぜ〜にぃ〜」と永ちゃんバリに問われ続けてきた。
そして聞かれる度に息苦しさと得体の知れない窮屈さを感じながら今日まで何とか生きてきたのだ。
でもね、これが何ともおかしなもので40歳を迎えた頃から周りの人たちから結婚についてあれこれ言われることが少なくなったのだ。

いやぁ、待てよ!?
「アラフォー独身」って状況に対して、もしや少なからずとも触れるべからずなんて思われているのだろうか…
今の私のポジションって不味いんだろうか?
俗に言う「結婚話=地雷」なんて思われている様な気がせんでもない。

コレって30代後半の「結婚しない人」って立ち位置から、40代に突入した現在では「結婚できない人」ってのに変更されたのではないか?
ひょっとしてクビの皮一枚でギリギリでレギュラー入りしてたのが、補欠になってしまった感じだろうか…チーーン。



それにしても正直なところ、ほっといてくれってなもんですよ!
親戚のおじさん、おばさんなんて会うたびに結婚について聞いてくるし…
別にワタシが結婚しないからって、彼らには迷惑を掛けてないはずだ。
なのに、聞いてくるのですよねぇ…。
そして、そんな状況の中で迂闊に彼氏の話でもしようものなら最後。
何で?結婚しないの?っていう必殺「何で?何で?」攻撃に遭うから気を付けなきゃダメだ。
正直なところ、遠方に住んでるから頻繁に会う訳でもない。
今じゃせいぜい、お葬式の時に顔を合わせる位のものなので、ワタシが結婚してもしなくても正直どうでもイイのではなかろうか?むしろ、結婚の御祝儀を自ら辞退している状況のワタシは孝行者ではなかろうか!?

まぁ、少しでも血が繋がってる人たちから、やいやい言われるのは100歩譲ってしょうがない。
しかし、関係の薄い外野の人から結婚について、やいやい言われることは少々、腹立たしくもありストレスも溜まるんですよね…

「なんで結婚しないの?」
その質問の答えですが、こっちが聞きてーわ!分かってたらとっくに結婚してるっつーの。
「やっぱ、一度くらいは結婚しとかなきゃダメなんじゃない!?」
その極意は??
そんなこと言う人に限ってランチや飲みの席で夫や妻への文句をグチグチ言ってたりするし…
「30歳までに絶対に子どもが欲しい!」
若い頃、友人がよく言ってたのを思い出す。
そんな風に言ってたのに、現実は自由がないって自由がないってぼやいているし。
まぁ、それはそれで幸せなぼやきではあるんでしょうがね。

そして何より一番厄介なのが、40過ぎても独身ってやっぱ何か問題あるのかしら?みたいな雰囲気が世間的に何となくですがあるんですよね…
「結婚が全てじゃないし寧ろ独身で自由だから羨ましい。もし生まれ変わるなら次は結婚なんてしないわ〜」って周りの友人たちは口を揃えてこう言うのだ。
でもワタシに対してはそんなことを言ってるけれど、別の全く知らない世間一般の独身の人に対しては40代で独身ってのは、やっぱ何がしら問題あるんでないの?って…
お気遣いありがとうって思いつつも、何だか肩身が狭く何だかモヤっとする感じになるですよね。
結局、何だかんだ言いつつも根底には「40過ぎて独身=問題あり」ってのがあったりするんですよね。



そんなワタシも女性なので、30代後半はいろいろ悩みましたよ。
なんせ、女性は出産に関してタイムリミットがあるから…
別に結婚に対してはそんなに拘ってなかったのですが、子どもが欲しいという気持ちも多少なりとあったりもしたんですよね。
でも、なぜか結婚と言うものに尻込みしてしまった結果、今に至るのです。
で、40のラインを超えた時点で何かが吹っ切れ未だ独身のままです。
この歳まで自由気ままに過してきたせいで、いくら大好きな相手でもずっと一緒に暮らすのってしんどいんだもの。

誰かと共に生活したり子どもを育てたりという経験がないワタシには、我慢や忍耐力というものがまるで無いので世間的にはあまちゃんなんだろうな…
一歳、また一歳と歳を重ねるにつれ実年齢に頭の中が追いつかず自分でも引いてしまうほどだ。
多分、20代のママさんたちの方が明らかに経験値が高く大人だったりするだろうし…
コナン少年の決め台詞「見た目は子供、頭脳は大人」の真逆で「見た目は大人、頭脳は子供」を地で行くワタシ。きっと死ぬまでそんな感じで過していくんだろうなと思うと、自分でも少し恐ろしくなってきます。

コメント