世の中楽しんだもん勝ちじゃない!!

日々の暮らし

落ち込んだときや自分自身を奮い立たせる時に聴く曲って、皆さんにはありますか?
落ち込んだり、弱っている自分自身を慰めてもらい、次へ進むためのチカラをもらう。
そんな時に聴く曲がワタシにはあります。
ちょっと気持ち悪いのですが、いろいろなシチュエーションに合わせた心のベスト10ソングってのがあります。何度も言いますが気持ち悪くてスミマセン…

その中で最近の励まされソングは、たむらぱんのジェットコースターという曲です。
最近のワタシときたら「何だかなぁ…」なんて思うことが多く少し不安になったりヘコむことが多い。
正直なところ人生なんて、うまく行かないことの方が多いんでないかとすら思えてきております。
そんな時には、この曲を思い出しリピートしては聴きまくり明日への活力に繋げるのです。


この曲は確か、10年ほど前にラジオでよく流れていて知った曲でした。
ジェットコースターって名前の曲だけあって、乗り込んだ時のドキドキしつつもワクワクする感じや、たむらぱんの声が妙に心地良く仕事中にラジオから流れてくる度にテンションが上がったものです。
で、そのうち歌詞にも耳を傾けるとこれがまた、その当時の自分とリンクしてピタっとハマったものでした。
その頃もいろいろと悩んでたなぁ…今から思えば、取るに足らないことだったりもするけれど。

何をやってもうまく行かない時って八方塞がりで、自分が一番可哀想で惨めに思えてくる。
これってまさに不幸自慢なんですよね…不幸自慢の渦の中にハマったらなかなか抜け出せなくて、余計にうまく行かなかったりする。
どんなにうまく行ってもマイナスな思考が勝っている時は「たまたま今回はうまく行ったけれど次にうまく行くかなんて分からない」なんて思っては臆病になり前に進めない。
でも、これがおかしなもので調子が良くてイケイケな時だと「ほれ見てみろ、うまく行った!ひょっとしてワタシ天才なんじゃない!?」なんて強気で肯定できる。

なので自分自身がどうにも前に進めない時は、何かキッカケとなるものが欲しくてワタシはいつもより音楽を聴いたりする。もちろん本を読むとかでも良いのだけれど、そんな時は脳みそまで疲れ果てているから頭の中に内容が何も入ってこなかったりするので、手取り早くひたすら耳から情報を得るようにしている。

話は戻るが、ジェットコースターの歌詞の中で「下り坂は瞬く間に終わるから〜」ってトコに凄く励まされるのだ。そうだよね、人生なんてジェットコースターと同じで昇り調子の時もあれば、下り坂の時もあるんだ…
子どものころは親が敷いてくれたレールの上でぬくぬくと過してきたけれど、大人になるにつれて自分の人生は自分次第で変えて行かなければならないことに気づき始めた頃、ワタシはジェットコースターに乗り込んだのかもしれない。
そして徐々に人生が加速し始めて行くと自分自身で手に追えない時も訪れる。
時にはスピードが出すぎたり、時には自分の身の丈に合わない最新のマシーンに乗り変えて上手く操縦できなくて「ワタシってダメだわ」なんて、すっかり自信を無くし落ち込む。
だからと言って、下り坂ばかりが長く続く訳はない。
生きていると、いろいろなことが起こるので時には笑いが止まらないほど楽しい日々も訪れる。

そう言えば、何かのテレビ番組で、おばさんが言ってたことを思い出す。
とても幸せだと思うことも、これ以上ない悲しみや辛いことも人生と言う長い目で見れば平等に訪れるんだと…1年単位で考えるとその時の感情がハッキリと見えるから幸せだの辛いだのが浮き彫りになるけれど、それを10年単位などと大きい括りで見ると、いろいろあったけど楽しいことも辛いことも同じ位になり最終的には可もなく不可もなく程々で、それなりな感じの人生になるなんてことを…
だから今が辛くても幸せな時はやってくるし、その反対も然りなのだと。



そして結局のところ、世の中楽しんだもん勝ちなんですよね。
それを出来るか出来ないかで目の前の景色が変わってくるんだよな…
自分の人生、どれだけ楽しめるかが要なんだろうな。
ウジウジ、モヤモヤ悩んで考えて過ごすより、一度きりの人生を笑って過ごせるように努力する。
「人生、面白くないな」って過ごすより「人生の楽しみ方」を見つけて行く方が大切なんだろうな。
子どもの頃や、10代、20代だった若い頃の様に何をしても何が起きても笑い転げるほど面白くて仕方がなかった…そんな風になれる様に少しでも思考を変えて行かなければ!!
ネガティブなワタシには最大級に難しく永遠の課題なのですがね…

未熟者のワタシには、なかなか難しい課題なのだがこれから先、楽しい人生を送れるようにとジェットコースターを聴きながら「下り坂終われ!下り坂終われ!」と念じつつ一人寂しく夜な夜なチビチビとビールを飲み過ごすのです。そして世の中の皆さんにも、励まされソングなるものがあるのかしら??なんて思いを馳せるのです。

コメント