仕事って何だろう?

仕事
スポンサーリンク

ほんの少しだが仕事にも慣れてきたつもりでいた今日この頃。
可もなく不可もなく、取り敢えずお金のためと割り切って働こうなんて思っていた。
そう思っていたはずなのに、先週辺りから再び仕事に行きたくない病に襲われるようになってきた。
休み明けの今朝なんて、あまりの嫌さに吐き気に襲われながら身支度をしていたくらいだ。
アラフォーになり、学校に行きたくないと駄駄を捏ねる子どもの気持ちが分かった気がする。
まったく情けない話なのだが…

何がそんなにイヤなのかって?
「楽しくないんですよね…」
そんなの誰だってそうなんだよ!甘えるなって思われるかもしれない。
「やりがいがないんですよね…」
転職したばかりのくせに、どの口が偉そうに言う!って思われるかもしれない。

仕事が楽しくて仕方ないんですよ!なんて心の底から言える人の方が少ないのかもしれない。
生活のために、しゃーなしで働いているって人の方が圧倒的に多いのかもしれない。
でも何かの拍子に、ほんの少し達成感を味わえる時があるから何とか続けていけるのだと思う。




ほんの少しだけど仕事にも慣れてきて、次々に新しいことを覚えていく。
本来ならば少しずつ仕事の面白さや手応えを感じていったりするのだろう。
でも今の職場では、仕事へのやりがいを感じることがまず無いのです。
暇な時は死ぬほど暇だし、忙しい時は慣れない作業に四苦八苦する。
今日は大変だったな…って思う日はあれど、やりがいや達成感は一切感じない。
むしろ心が空っぽになっていくのです…。
一日、また一日と職場へ行けば行くほど、何か大切な物を忘たまま過ごしているような気がしてくる。

もちろん、頑張らなきゃって思いはある。
嫌だ嫌だと言っていても何も始まらないってのもよく分かっている。
気持ちを切り替えて、考え方を変えみたら今いる世界が違って見えるかも!
テンションを上げて仕事に取り組んだり、同僚と上手くやっていこうと頑張ってはみてるんだ。
でも、何かが引っかかる。
心の奥に刺さった小さなトゲが気になって、しょうがないのです。
「やっぱり向いてないよなこの仕事」とか「社風が合わない」っていう思いが常に付き纏っている。
暇すぎて時間を持て余している時、そんなことばかりが頭の中でグルグルと回っている。

ピンと張った糸が、何かの拍子にフワッと緩む。
すると途端に些細なミスをしては、辞めたい病がワタシに襲いかかってくる。
そんな悶々とした気分で週末を迎えようものなら楽しくもなければ、日曜の晩になれば胸がザワザワとして落ち着かなくなる。

こんなご時世だから仕事があるだけでもありがたい。
そうは思うのですが、正直なところ行きたくないなぁ、辞めたいなぁ…なんて思ってしまう。
どうせ頑張ったって報われない。
このままで良いのだろうか?
仕事辞めたいな…
でも、辞めたらこの先どうなるんだろう?
そんなことばかり考えて生活していると気持ちも滅入ってくる。
精神衛生上よろしくない!

何がそんなにイヤか整理してみる。
・昔ながらの古風な社風が苦手
・仕事のやり方も古風なので、そんなところもワタシには向いていない
・そもそも何よりも仕事が向いてない気がする
・部屋の中で噂話や悪口ばかり飛び交っていて、聞いているだけで疲れる
・暇な時の暇さ加減が半端ない…時間が経たなくて困る
・気を遣いすぎて疲れる
・仕事の内容自体が楽しくないし、あまり興味が湧かない
・やりがいを見出せない



どれも取るに足らないことかもしれない。
そんなのどこの職場に行ったって同じだわ!てか、甘いわ自分!って言われそうな理由ばかりなのだ。
でも、そんな些細なことの積み重ねの方が地味に心を蝕んで行き、後々のダメージがデカくなる。
悔しいって気持ちだったり、仕事をしっかり覚えていつかあの人を見返してやる!なんて感情が全く湧かない。
なんだか、今のワタシは抜け殻のようだな。
嫌な気分ばかりがワタシの中を占めている。
故に「ここで頑張ってもしょうがない…」そんな言い訳ばかり並べてる。

今までだったら壁にぶち当たった時に出来ないことが悔しいくて必死に努力してきたのにな…
でも今どうよ!?出来ない自分は情けない…けど、しょうがないよね〜。
そんな風に思える自分も、どうなのさ?

ああ、ホントどうしたもんだ…
身軽でお気楽に生きて行きたいのに、人生そんなに甘くないってことかな?
とりあえず明日の憂鬱を吹き飛ばずべく今日は早めにお布団に入ろう。
明日の朝には、行きたいくない病が治ってますように…


コメント