まだまだ探す気ですか〜?

日々の暮らし
スポンサーリンク

探しものは何ですか〜
見つけにくいものですか〜

「さっきまでそこにあったはずのTVのリモコンは何処へ?」
「あれ、ワタシのメガネ見かけなかった?」
なんて、いろいろなものを探している気がする今日この頃。
そもそも人生に於いては、アレやコレやと常に何かを探している感じなのだが…
よく飽きもせずチマチマと探し回っている。
全くもって、何ともご苦労さまなことだ!

そして今年は特にいろんなものを探しまくっていた気がする。
焦ってみたり、迷走してみたりと心身ともに疲弊した1年だったなぁ
無くしたものを探しているのか?
そもそも、そんなものは初めから持ってなかったんじゃないの??
そんな目に見えない曖昧な何かを見つけ出そうと、とにかく躍起になった一年だった気がする。

今年もあと僅かとなり振り返ってみる…
結局、自分が安心したいが為に探しまくってたものは見つからないままでいる。
躍起になって探せば探した分だけ焦っては不安になるということを痛いほど思い知った。
きっと探していたものは当分の間は見つかりそうもない気がしている…
多分、初めから持ってなかったものを必死で探していたような気がしているからだ。



出来ると思ってたことは簡単にできず、ただのまやかしだったと気付き心が折れまくった。
薄々は気付いていたけれど年齢とともに少しずつ頑なになっていたワタシの心には相当堪えた…
竹のようにしなやかな心を持っていると思っていた。
どんなこともある程度は乗り越えられる折れない心。
でも蓋を開ければ、ワタシの心にしなやかさなんて一欠片もなかったって気付いた。
今まで両手いっぱいに抱えていた自信も一歩外に出れば結局は何も役に立たなかった。
むしろその自信と頑なな心に邪魔されるなんて思いもしなかった。

出来ないことを認められないし、出来ないことが歯痒くてしょうがない。
今までの人生の中で今年ほど自分の生き方について悩んだり考えたことが無かったワタシは恐ろしいまでネガティブに物事を考えてしまったのです…

この歳で能無しって!?
能無しで独り身って…詰んだよな、ワタシ。
だから結婚も出来なかった。
だから普通のことが出来なかった?




自分が送ってきた人生の負の部分ばかりを、ほじくり返し自虐し続ける…
この世の終わりかという程のドンヨリした空気を身にまといながら毎日を過ごす。
そんな中でもTVのから流れてくる、しょうもないことにも爆笑している自分にはたと気付き我に返る。
「おや?そんなことでも笑っちゃうの、ワタシ!?意外と人生って楽しいんじゃない?」
そう思えると、こっちの勝ちだ!

「あれ?そもそもその考え方が間違えてるかもしれない??」

誰だって初めから上手く出来ないし、出来なくて当たり前なのかも?
良く考えたら、ワタシそんなに器用な人間でもないし頭だって良くないじゃない!
初めから誰もワタシに超人的なことを求めてないじゃないの!

「うわぁ、恥ずかしいわぁ…何をひとりで思い上がってるの、ワタシ」
そう思えてきたら、急にいろいろなことがどうでも良くなってきたし肩のチカラがフワッと抜けて何とかなるような気がしてきた。本当に限界がきたら、また一旦リセットするってことで良いんじゃない?

ここは何も考えずにゆっくりと楽しいことだけ考えて、ひと休みするのも手かもしれない。
だって、井上陽水だって探すのをやめた時見つかることもよくある話だって言ってるのだから…
なので、此処は潔く諦めるに越したことはない。


「しょうがないなぁ…まぁ、無ければ無いでしょうがないや!」
ひとまず探すのを止めた途端、ひょっこりと見つかったりするもんだ。
そこにあったはずのTVのリモコンも、よく見ると目の前に置いてあったりするし、メガネだってサザエさんの波平みたく頭の上に乗っかってたりする。
躍起になって探すから、見つからないことにイライラする。
イライラすると、注意力も散漫になり近くのものが見えなくなるからタチが悪い。

考え方を変えれば案外、簡単に解決するのかもしれない。
答えなんて気づかないだけで案外、目の前に転がってるのかもしれない。

うふっふ〜♩なんて唄い踊りながら、とりあえずは長い物にはグルグル巻かれて行った先には探していた何かが転がっているかもしれないと淡い期待を抱きながら日々を過ごしていく。
自分のダメな部分に気付いて、認めてやる。
ひとつずつ肩の荷を下ろしていけば、そのうち竹のように心のしなやかな人にもなれるかな!?
折れない強靭な心の持ち主に…

コメント