タピオカと食わず嫌い

日々の暮らし
スポンサーリンク

最初に言っておくと、ワタシは食わず嫌いだ。
その中のひとつが、タピオカだった。
昨今、右を向いても左を向いてもタピオカ、タピオカ。
若者たちはタピオカに狂喜乱舞してる。(大袈裟かよ!)

そんなブームに、誰が乗ってやるもんか!
てか、そもそも何が美味しいのかしら?あんなグニュっとした粒々…なんてさえ思っていた。

そんなタピオカブームが加熱する中、ネットニュースを見たら世界ではこんな事件が起きていた。
どこかの国でタピオカを食べすぎた女の子が腹痛を訴え病院へ運ばれた。そして、CTを撮ったら胃から肛門まで数珠繋ぎのタピオカで埋まっていた。
そんな恐ろしいニュースを見てしまったもんだから
「これは食べたらダメよ、ダメダメ!!危険だわ〜。」
そして、ワタシはタピオカの魔力になんて絶対負けないわよと、心に誓ったものだ。

もう一度言っておくが、ワタシは食わず嫌いだ。なのでタピオカは一度も食べたことがない。



そんなワタシですが昨年、台湾へ旅行することになった。
台湾と言えばタピオカ。せっかく本場に行ったのだから、試しに食べてみるか…
ってことになり、人生初のタピオカを食した。
元々ミルクティーが苦手だったのもあってタピオカと距離を取っていた。
それなりに大きいカップにミルクティーもタピオカも、目一杯入っている。
飲みきれるかな?美味しくなかったら、これって罰ゲームよね!?なんて、口にするまで否定的だったのですが、いざ飲み始めるとこれがどうでしょう?

「ちょっと〜、なんなのよコレ…美味しいんでないの!?」

初めて食した「黒糖タピオカミルク」の、なんと美味しいこと♡(思わずハートが…)
あんなに否定的だったタピオカ。
なのに自分でも情けなくなるほど、タピオカに寝返る早さたるやら…。

40過ぎたおばさんのワタシは、映えより衝撃的な旨さが勝り写真に収めることもなく一気に飲み干す。途中、何処からともなく漂ってくる臭豆腐なのか下水のニオイなのか分からないが、鼻につくニオイと攻防戦を繰り広げながらも見事にタピオカが圧勝する形となったのは言うまでもない。

あの台湾でのタピオカとの衝撃的な出会い以降、タピオカを気に入ってしまったワタシは何かの拍子にタピオカの禁断症状に襲われている。
街中でヤングに混ざってタピオカ、タピオカ言いながら並ぶのは少々恥じらいがあるので、ショッピングセンターに行ったついでに、コソッと飲むのを楽しみにしている。
今日も、ふと立ち寄ったショッピングセンターで近々、タピオカ屋がオープンするというのを知り少し小躍りしていた自分がいる。
40過ぎのおばさんまで虜にしてしまうタピオカ、おそるべし!

そして、このタピオカの一件以来、何にしても食わず嫌いは良くないとひしひしと感じている。
とりあえず、どんなことでも試してみたらいいのだ。
結果、それが自分が好きなものでは無かったとしても知らないで嫌いなのと、知っていて嫌いなのでは同じ嫌いでも全然違うのだから。
そして良くあるパターンで「嫌い嫌いも好きのうち」ってよく言ったものだ。
今までのワタシの人生を振り返っても、嫌いだと思ったものが後に好きになっていたりする。
単純なんだか、分かりやすいんだか…
まぁ何にしても先入観を持たずに経験することが大切なのよね、いくつになっても。
今回はそんなことをタピオカとタピオカに群がるヤングに教えてもらった気がする。

あっ、ちなみにワタシはアイスよりもホットタピオカ派です。

コメント