似合わない洋服

日々の暮らし
スポンサーリンク

今年に入り思い切って洋服の断捨離をした。
悲しいかな40代になった辺りから好きなものが必ずしも似合うとは限らないと思い知らされることが多くなった気がする。

一年前に買った洋服。
一年前は似合ってたし、ちゃんと着こなせてたはずの洋服を一年後の自分が着てみるとイマイチしっくりこないなんてことが多々あるのです。
時として、鏡に映った自分がみすぼらしく見えるのです…
決して洋服がクタクタになった訳ではない。
ワタシの体型が変わったのか?
いや、はたまた顔が老けたのか?
答えがどちらであっても悲しいことには代わりはないが、兎にも角にも今のワタシにとっては似合わなくなってしまった洋服であるのは紛れもない真実なのだ。
チーン




特にワタシ的に似合わなくなったのがTシャツだった。
若い頃によく着ていたような丸首のベタなTシャツが似合わなくなった。
カチッとしたシャツも何だかシックリこないのです。
歳とともに鎖骨周りや肩が丸くなってしまったのだろうか?
要するにこれって若い頃に比べたら太ったのが原因なのは確かなことだ!

そんなこんなで大量に似合わなくなった洋服をクローゼットやタンスの中から洗い出す。
「この洋服、高かったよなぁ」
「コレは勢いで買ったけど、結局あまり着なかったよなぁ」
「シャツってアイロンするのが邪魔臭いから結局あまり着ないのよね〜」
「あっ、こんな服持ってたんだ…」

そんなことを言いながら、結構な数の似合わない洋服たちが部屋の片隅にワンサカ積まれていく。
と同時に、無駄に洋服ばかりを買っていたことに気付き反省する。
高かったからよそ行き用、アイロン掛けが邪魔臭いからあまり着ない、極め付けは買ったことすら忘れているなんて物も…

そして心に誓うのです。
気に入って今の自分に似合うものだけを吟味して買える人になろう。
高いからよそ行き様、安いから普段着なんて分けずに気に入ったものだけ身に着けることができる人になろう。
今シーズンの内に、目一杯着れば来シーズンに似合わなくなっても後悔しないだろうし。
よし!こうなりゃ、しっかり管理できる様にワードローブの数も減らしていこうなんて思いながらゴールデンウィーク最終日。
本日もせっせと断捨離に励んでおります。


コメント